スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFD販売 ELIXIRDDR3-SODIMM W3N1333Q-4G DDR3 PC10660 CL9 4GB 2枚組

知ってる人は知ってる愛知県の某PC周辺機器販売会社の別ブランド商品でございます。5月に新規購入したTOSHIBAのdynabook TX/66LWHS(PATX66LRTWHS3)なのですが、2GB×2の4GBデュアルチャンネルメモリーでは不足気味になったきたので、比較的安いメモリを探してPCショップで衝動買いしてしまったのがこのタイトルのメモリーでした(W3N1333Q-4G) 販売価格は11,800円



購入前の標準添付メモリーの情報、優秀なSamsungメモリーが採用されていますね。



新規に購入したメモリーの情報、私の予想通り地雷も多いことで有名なNanyaメモリーでございました。とりあえず少しでもおかしな挙動を見せたらmemtest86+でチェックを入れる覚悟で標準添付メモリーは手元に残すことにします。(8GBもあるとmemtest86+を一巡させるだけでもかなりの時間を要するんですよね)

メモリーが8GBもあってeboostrで1GBのメインメモリーをキャッシュに確保している環境では焼け石に水かも知れないですが、HDDアクセスが極端に増えた時のストレス緩和でWindows ReadyBoost用にClass10の4GB SDHCメモリーカード(RP-SDW04GJ1K)を買ってexFATでフォーマットして設定してみました。ベンチマークを取ったところ、このSDHCメモリーはシーケンシャルアクセスに関してはカタログ通りの22MB/sをたたき出してくれましたが、4Kランダムアクセスはやっぱりお察しの数値でした。こんな状態でもHDDへのアクセスがピーク状態になっていると、急にReadyBoostが起き出してきて補助的に動いているようで、効果は一応上がっているようです。

私はベンチマークマニアでもなんでもありませんし、少しでも早く感じればいいやーっていうおおざっぱな性格なので、詳細なデータはトラブった時と納得いかない時以外は全然取りません(^^;)

comment

No title

CFD販売のこのメモリーですが、今のところトラブルらしいことは全く出てはいないんですが、念のためMemtest86+ (http://www.memtest.org/)をUSBメモリー起動で実行して連続3回まで試験してみました 結果はALL PASS。残るは標高2,400mでの高負荷・連続電源ON・長期利用でどこまで壊れずに動いてくれるかという耐久性だけが心配の種ですが、11,800円という安価で永久補償とか書いてあるので、壊れたら同じメモリーを販売店交換してもらうだけでいいかもですね。
Secret

プロフィール

まいにゃ

Author:まいにゃ

絶滅危惧種・ネタキャラ大好き
現在はAlvitr World(Bijou)がメイン
趣味:音楽・登山・酒・RO


Alvitr World
二極ABME:150/54
シグナム殴りプリ:93/50
AGIケミ:82/50
パッシブモンク:95/50
1ヒールアコ: 1/6
見習い鞭子 73/45

Idavoll World
弓鷹ハンター:96/50
高速鞭子:95/50
AGI鍛冶屋:91/50

Olrun World
アサシン:58/27

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
2942位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラグナロクオンライン
284位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。