スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCメモリー増設計画

先日購入したTOSHIBAノートPC(dynabook TX/66LWHS)をWin7 64bitで使い始めて快適さにかなり満足しているまいにゃでございます。

eboostr 4 professionalというキャッシュソフトウェアをインストールしてメインメモリー1Gbyte分をキャッシングに使用するとシステムコールドブートが劇的に速くなりますしアプリケーションの起動速度も向上しますがこれ以上メインメモリーをキャッシュに割り当てるわけにもいきませんし、高速USBメモリーやSDカードにキャッシュを割り当てても絶対的に転送速度が遅いのであんまり意味がなかったりします。

そんなわけでメインメモリを4Gbyteから8Gbyteに拡張しようと思い立ったわけなのですが・・・・メモリースロットをみると2スロットしかありません、ということは標準添付の2Gbyteメモリー2枚を外して4Gbyteメモリーを2枚取り付ける必要があるのに気づき、Dual動作にするためPC3-8500(DDR3-1066)の2枚組を探してみました。

その結果・・・高いっ!! 高すぎるっ!!! 67,000円もかかるって痛すぎです、もっと安いのもあるんだけど怪しげな商品だらけでこんな商品は安物買いの銭失いの典型になっちゃいます。(メモリーはしっかりした商品を買わないとすぐに壊れたりPC処理能力が落ちまくったりファイル破損やOS起動不良になってしまうんですよね)

67,000円というのはCelelon 900あたりの廉価版ノートPCが1台買えちゃう値段です、さすがにもったいないので安くなるまで待とうと諦めたのでした、とほほほー。

余談ですが、ネットブックって確かに値段だけみれば安いんだけどどの製品も処理能力が低すぎてWindows Update処理なんか遅すぎて笑っちゃうレベルですし、アプリケーションの追加と削除の内容表示に笑えるほど時間がかかったり、モバイルメインの使い方なのに思ったよりバッテリーの持続時間が短いとかで私個人としては絶対に購入したくないと思いましたし、中途半端な家電イメージが強いiPadのほうがまだマシにみえるから不思議ですね。

comment

No title

>。(メモリーはしっかりした商品を買わないとすぐに壊れたりPC処理能力が落ちまくったりファイル破損やOS起動不良になってしまうんですよね)
6年7年くらい前かな?1G*2のバルクメモリを2、3万で購入。リテールは5万くらいだった気がします。3年で片方死んでしまいました。メモリの下落のスピードを考えればバルクで3年持ったなら大分得したかなって感じですが。私は経験ないけど場合によっては直ぐに死んじゃったりしますもんね・・・怖いといえば怖いです。

そして一昨日くらいの新聞で、ipadはネットブックを追いやる、みたいな記事がありましたねー。まぁネットブックはたしかに使い道少ない・・・。大学で大量に並べて分散制御とかクラスタの研究するのには使ってましたが。

No title

iPadについては、実は私も試してみたいという気持ちは持っているんですが、シングルタスクという決定的な弱みがあるので思いとどまっています。でもなあ・・・Apple社だからこそこんな仕様でも売れたんじゃないかなあなんて思ってみたりもする。
Secret

プロフィール

まいにゃ

Author:まいにゃ

絶滅危惧種・ネタキャラ大好き
現在はAlvitr World(Bijou)がメイン
趣味:音楽・登山・酒・RO


Alvitr World
二極ABME:150/54
シグナム殴りプリ:93/50
AGIケミ:82/50
パッシブモンク:95/50
1ヒールアコ: 1/6
見習い鞭子 73/45

Idavoll World
弓鷹ハンター:96/50
高速鞭子:95/50
AGI鍛冶屋:91/50

Olrun World
アサシン:58/27

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3737位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラグナロクオンライン
357位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。