スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノートPCのHDDをSSDに換装しました

昨年のことなんだけど、Windows7にOCZ Vector 512GBのSSDを入れて半年で突然死してかなり凹んでたのよね。もちろん定期的に外付けHDDにイメージバックアップしてたからほとんどデータの被害はなかったんだけど、復旧させるまでが意外と面倒なのよねー

んで今回はVMWare上のWindows7(x86)の仮想ディスクレスポンスがノートPCの2.5インチHDDだとバカみたいに遅くてイライラしてたからSSDに換装してみたですよ、仮想ディスクってランダムアクセスの塊ですからねー

買ったSSDはSamsung SSD 840 EVO 1TBです。あまりにもチャレンジャー過ぎる選択ですよねーww だって安かったんだもーんw

Windows8.1 & GPTパーティーション & UEFI環境なのでAcronis TrueImage 2014ののディスククローン機能は不可なのね、代わりにちょっと回りくどいけど別のやりかたでできました。
(1) Acronis TrueImage2014でUSB3.0接続外付けHDDにディスクイメージを取る(セクタコピーオプション指定は特にしなくてもOK)
(2) 移行先のSSDにUSB3.0変換アダプタを付けてPCに接続
(3) Acronis TrueImage2014でディスクイメージをSSDに復元
(4)PC本体のHDDを取り外してSSDに入れ替える

ちなみにUSB変換アダプタはチップセットがSATA6Gに対応していてOSがWin8/8.1の場合は単なるUSB3.0アダプタじゃなくてUASPモード対応のアダプタを使うのがお勧めです、私はPM-SSD-U3S-SVって製品を使いました。

840EVO1TB_ESET_OFF
ベンチマーク結果はこれね、ウィルス対策ソフトの保護を切って測定しないと4K QD32がとんでもなく遅くなるので要注意です。

VMware上のOS起動が速くなったのはもちろんですけど、それどころかWindows8.1本体の再起動時間が200秒から40秒程度になってちょっと嬉しいです。HDDよりコントローラの突然死が怖いSSDですから一日毎に増分イメージバックアップをしています。Webを検索して色々と見てるとSSDってフラッシュメモリーの寿命で死ぬよりコントローラの突然死報告の方が圧倒的に多いんですよねー、PCパーツ系のメディアはいつまでもフラッシュメモリーの寿命検証記事ばかり書いていないでコントローラの寿命記事を書いてくれたらいいのにと思うんだけど、それなりの測定用電子機器が整った研究室で実験しないとわからないことだから仕方が無いのかもね。

※フラッシュメモリー自体の寿命測定だったらPCソフトウェア組んで走らせるだけでできるけど、コントローラの耐久テストは電気的に測定して記録を取らないと正確なことはわからないのよね。

スポンサーサイト

プロフィール

まいにゃ

Author:まいにゃ

絶滅危惧種・ネタキャラ大好き
現在はAlvitr World(Bijou)がメイン
趣味:音楽・登山・酒・RO


Alvitr World
二極ABME:150/54
シグナム殴りプリ:93/50
AGIケミ:82/50
パッシブモンク:95/50
1ヒールアコ: 1/6
見習い鞭子 73/45

Idavoll World
弓鷹ハンター:96/50
高速鞭子:95/50
AGI鍛冶屋:91/50

Olrun World
アサシン:58/27

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
5438位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ラグナロクオンライン
467位
アクセスランキングを見る>>

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。